エアコン・アンテナセット工事のご案内

エアコン・アンテナセット工事で
より美しく。

アンテナ現調・打ち合わせ

弊社は新築を専門とした設備工事のプロフェッショナルです。アンテナはもちろんのことエアコン工事につきましても新築工事10,000件以上の実績で培われた高度な技術力のもと、建物の外観や機能性を損なわない施工を得意とします。

100%自社工事のため、安定した技術力と一貫性のある工事プロセスによりお客様にとって非常に効率的・経済的な工事をご提供することができます。エアコンとアンテナ工事を同時施工することにより不本意な相互干渉がなくなり、お客様のご希望通りの工事が実現できます。

アンテナとエアコン工事が別々の場合、「ここにこうやって工事をしておいてくれればもっと美しく設置できたのに…。」というようなことが業者間でよく起こることからです。

アンテナ・エアコンセット工事の良いところは、なにかトラブルがおきたときでも「どこの業者さんにお願いしたんだっけ??」とならずに連絡をスムーズに取ることができるのもオススメできるうちの一つです。

ご来社相談で失敗しません

旧築とちがい新築は直しのきかないファースト工事が非常に大切です。最初のまっさらな状態に手抜き工事をされると修繕に莫大な費用と時間が掛かることがあるからです。
また、新築のアンテナ工事は各お部屋へ電波を送る「分配器」や電源などをどこに設けるかによって、アンテナを屋根裏やクローゼット内などの屋内に設置できます。(※お家にいくつも穴をあけて大がかりな工事をすればアンテナを屋内に設置できることもございますが、それではせっかくの気密性住宅にとってはあまり良いとは言えません。)

アンテナ工事ご来社相談1
アンテナ工事ご来社相談2

特にBSの4K・8K放送が本格的に開始されるため、4K・8K放送は今後増えていきます。現在4K・8Kに興味のない方でも図面段階でハウスメーカーさんと相談し、お家のテレビ設備を4K・8K対応のものにしておくことで、将来、4K・8K放送をご覧になる際は4K・8K対応の設備に入れ替える工事をせずに済むため非常に経済的です。(→詳細はこちら

「お家ってエアコンやアンテナ工事のことも考えて設計してあるんじゃないの??」と思う方もいらっしゃると思います。
実はそうとも限らないのです。多くの方が驚かれるのですが、ハウスメーカーさんや設計士さんであっても、エアコンやアンテナ工事に精通している方は少なく、実際に現調にお伺いすると「ここに取り付けるのはあまりにも無責任では…。」ということがよくあり、そのようなことが原因で知らず知らずのうちに手抜き工事や施工ミスをされている方が後を絶ちません。

意外と思うかもしれませんが、ハウスメーカーさんによるエアコンやアンテナ工事は下請け業者さんによるものですので金額も通常に比べ割高になります。また、担当する下請け業者さんによっては施工法も使用部材も異なるため「ハウスメーカーの業者さんだから安心」とは限らないのです。

ここでアンテナ・エアコンセット工事例をご紹介させていただきます。
お客様の細部にまでこだわり抜いたご新築のため「とにかくアンテナやエアコンが目立たないように」という強いご要望のもと工事をさせて頂きました。

EX.1

エアコン・アンテナセット工事だからこそ、BSアンテナはお客様ご希望の位置に設置できました。もちろん周囲からは一切見えません。

もしアンテナがエアコン化粧カバー付近に取り付けられていた場合、エアコン化粧カバーは写真のようには設置できませんでしたし、業者さんによってはエアコン工事に干渉しないようにアンテナを無難な位置に取り付けしていたでしょう。こうなるとアンテナの取り付け位置はお客様のご希望通りにはならず妥協せざるを得ないアンテナ工事となっていたはずです。

アンテナ・エアコンセット工事例1-1
アンテナ・エアコンセット工事例1-2

アンテナ線の配線方法は非常に奥が深く、配線方法が違うだけ外観は良くも悪くも大きく変わります。 新築専門アンテナ職人ではアンテナ線を建物構造に合わせて配線するためほとんど目立ちません。もちろん、建物に負担をかけないように壁にあける穴は極力少なくし、細部にはコーキング処理を施してありますので安心です。

地デジ用のアンテナはユニットバス上の屋根裏に設置いたしました。

屋内にアンテナを設置することで故障・劣化の原因となる「台風・雪・紫外線」といったものに晒されませんので、アンテナを半永久的に使用することができるため大変オススメです。(→詳しくはこちら

アンテナ・エアコンセット工事例1-3
アンテナ・エアコンセット工事例1-4

Ex.2

広いバルコニーが特徴のご新築です。バルコニーが広くアンテナを取り付けできる選択肢が多いため「どこに室内機を設置して、どこに室外機を設置するのか」を考慮せずアンテナを優先的に取り付けすると、エアコン工事はアンテナが干渉してしまいお客様のご希望通りにはいきません。

アンテナ・エアコンセット工事例2-1
アンテナ・エアコンセット工事例2-2

地デジアンテナは周囲からは一切確認できない屋根裏設置となります。

アンテナ・エアコンセット工事例2-3
アンテナ・エアコンセット工事例2-4

ご覧のようにBSアンテナも周囲から一切確認できません。エアコン・アンテナセット工事だからこそご希望通りの最善工事が実現できました。

Ex.3

ご新築の構造上、ちょうどエアコンの取り付け位置がお客様ご希望のアンテナ位置となるため、エアコンの化粧カバーやアンテナの位置が少しでも違っていたならエアコンもアンテナもお客様ご希望通りにはいきませんでした。このようにエアコンとアンテナをバランスよく取り付けするには両工事に精通している必要があるのです。

アンテナ・エアコンセット工事例3-1
アンテナ・エアコンセット工事例3-2

アンテナ線はご新築の構造に合わせて配線しているためほとんど目立ちません。

アンテナ・エアコンセット工事例3-3
アンテナ・エアコンセット工事例3-4

こちらもご新築の構造・デザイン性を最大限生かし、地デジアンテナは周囲からは見えない屋根裏設置となります。

Ex.4

BSアンテナを周囲からは見えない位置に設置するために、エアコンの設置方法を工夫。図面指示ではバルコニーに室外機を設置でしたが、室内機側で穴あけ位置を工夫し地上に室外機を設置いたしました。事前にエアコン業者さんがバルコニーに室外機を設置してしまっていた場合、アンテナはお客様ご希望通りに設置はできませんでした。また、アンテナ工事を先に行っていた場合、アンテナ業者さんはエアコン工事に干渉する位置は取り付けいたしませんので、どちらにせよエアコンとアンテナ工事が別々だった場合にはお客様ご希望通りの工事は難しいものとなったことでしょう。こちらもエアコン・アンテナセット工事だからこその最善工事となります。

アンテナ・エアコンセット工事例4-1
アンテナ・エアコンセット工事例4-2

地デジアンテナは屋根裏設置となります。

アンテナ・エアコンセット工事例4-3
アンテナ・エアコンセット工事例4-4

どの施工例においてもアンテナとエアコン工事が別々であった場合、どちらの業者さんもお互い干渉しない無難な位置に工事をしていたはずです。そうなると必ずエアコンかアンテナのどちらかで妥協が生じ、お客様ご希望通りの工事にはならなかったでしょう。アンテナとエアコンセット工事だからこそ美しくスマートに設置できるのです。

ご新築の外観を美しくこだわりたいお客様はアンテナとエアコンの「セット工事」をオススメいたします。まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

→新築専門エアコン工事詳細はこちら

ご相談・お見積りは無料。お電話またはメールにてお問い合わせください

TEL 042-391-2220

(月〜土 9:00〜17:00)

お問い合わせフォーム

24時間受付(2営業日以内に返信)